アパート経営で一番大切なこととは

レバレッジを得られることが一番の魅力

アパート経営では、レバレッジを得られることが一番の魅力です。投資におけるレバレッジというのは、少ない資金で大きなお金を動かすことを言います。アパート経営では、1000万円の資金しかない人が、不動産担保ローンやアパートローンを利用することで5000万円のアパートを購入して、大きな利益を得られるというように、ローンがレバレッジの役割を果たします。
しかし、FXにおいてレバレッジを高くしすぎると負けた時の損失も大きくなり、あっという間に資金を失うリスクができてしまうように、アパート経営においても高額なローンを組むことはリスクが高まるということには注意が必要です。優良な物件を選ぶことはもちろんですが、しっかりとシミュレーションをして無理のないローンを組むことも重要です。

なるべく自分で管理をして、勉強をすることが大切

投資家の中には、お金を稼ぐことにしか興味がないので、アパートの管理はできるだけ管理会社に任せたいと考える人も多いです。たしかに、アパートを購入したら、後は管理会社にすべてのことを任せられるというのは魅力的な投資方法です。しかし、管理をすべて任せてしまっていると、なにかトラブルがあった時に対応ができません。
例えば、サブリース契約を結んでいる管理会社から更新時に家賃の値上げを要求されたが、家賃を下げられると困るので契約を解除したら、アパートが空き室だらけだったというトラブルなどがあります。管理会社にすべてを任せるのではなく、部分的にでも自分で管理をして、状況を把握しておくことが重要です。自分で管理をすることで、管理スキルも上がっていきます。