アパートの老朽化対策の重要性

放置するとトラブルのもとに

日本における住宅の平均的な居住年数は木造で30年、鉄筋コンクリートで50年とされています。アパートについても長期間の経営で建物が老朽化してくると、設備が古くなることでトラブルが頻発するようになります。賃貸住宅では、通常の使用において設備が故障した場合、その修理は貸主が行うことになります。普段の管理にもお金がかかりますし、頻繁に故障が発生することで不動産の収益が少なくなるでしょう。
多くの場合、老朽化する段階では初期投資は回収したあとになりますので、オーナーの多くは修理に対して無頓着になりがちですが、これからの数十年のことを考えると、早めに大規模改修を行うべきと言えます。可能性は高くないですが、入居者の家財にダメージを与えるレベルのトラブルが発生することもあります。

改修で賃貸住宅としての価値を高める

老朽化したアパートは、賃料の相場が下がります。賃貸情報を見てみると、概ね築30年頃から大きく賃料が下がります。建築された頃とは家電設備にも大きく差ができていますし、光回線でのインターネット接続に対応していない物件も多数存在します。
そこで設備面での改修を行うことで、賃料の低下を抑えることができますし、内装の印象に関しても、建物の中心部分に手を加えない形で現代的にすることもできます。さらなる投資を行うことで、賃料の維持という形で収益になります。数年以内のアパート経営の終了や、建て替えを考えていないのであれば、早めの改修を行うべきです。
駅から近い物件や、都市部の物件にはまだまだ高い需要があります。好条件にありながら、建物の老朽化で空室が発生するのは勿体ないことです。