アパート経営の隠れたテクニックを教えちゃいます

家賃設定は周囲の物件と競争

アパート経営を順調に継続する為には、とにかく満室状態にすることが大切です。満室にすれば毎月多くの家賃収入が入ることになり、一つでも空室があればそれだけで数万円損をすることになります。
家賃設定は、相場や周囲の物件を見ながら決定する必要がありますが、この場合やはり他の物件より家賃が安い方が有利だと言えます。特に、どんなに狭くてもとにかく安く住めれば良いと考える人にとっては魅力的です。実際に、家賃が高くて空室が目立つより、家賃を低くして満室にした方が家賃収入は多くなります。ただ、家賃を低くして長く住まれると収入が増えないので、いつか出て行くと予想される学生限定で安くすれば安心です。家賃設定がアパート経営の今後を左右すると言っても良いです。

特徴がない時のアピール方法

アパート経営をスタートさせたは良いものの、どのようにアピールすれば良いのか分からない場合があります。一番難しいのは中途半端な物件で、駅にも学校にも近くない、アパートが特別新しい訳でもないという場合は困ります。もちろん、何もアピールしなければ魅力的なアパートにはならないので空室になってしまう可能性があります。
駅から遠い場合は、閑静な雰囲気である可能性が高いのでそのことをアピールしたいです。静かさというのは非常に大切で、毎日安眠できるなどメリットが多いです。路地裏などでも、都市部であれば少し歩くだけでコンビニを発見できるので致命的に暮らしにくいという訳でもありません。その他にも防音にしてみたり防犯に気を配るなど特徴を作り出すことができます。